Newガンプラ情報

バンダイ システムウェポン、システムベースは1/144スケール対応です Newガンプラ情報

Newガンプラ情報2nd 新しいサイトはこちら
Newガンプラ情報 Topスポンサー広告拡張パーツバンダイ システムウェポン、システムベースは1/144スケール対応です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイ システムウェポン、システムベースは1/144スケール対応です

2011.09.06 Tue

2011年12月に(株)バンダイより発売される
システムウェポンシリーズ
システムベースシリーズ

バンダイさんによると
ガンプラをさらにたのしくする拡張パーツシリーズ始動!
多彩な拡張パーツをリリースすることで、ガンプラの展示方法や改造例を提案!
ガンプラの経験値を積んでもらい、ガンプラの世界観、キットの組み立て、そして作ったガンプラのさらなる遊びの広がりを楽しんでもらうための新ブランドです。


システムウェポンとシステムベースともに
”対応スケール”の表記がありませんでした。

恐らく「1/144スケールだろうな」と思っていましたが
こちらも正式に「1/144スケール」と連絡がありました。


もう一つ。
発表された際「システムウェポンシリーズ第1弾」の画像に誤りがありました。

「システムウェポンシリーズ第1弾」は
・ビーム・ガトリング・ガン
・ザク・マシンガン
のセットですが
説明画像が何故か「システムウェポンシリーズ第2弾」の
・ビーム・ライフル
の物になっていました。

(株)バンダイさんからも正式に連絡がありました。

皆さん気づかれていたと思いますけど。
EXP001 システムウェポン(1)(仮称)[バンダイ]

発売は2011年12月の予定。

こんな風に組み換えが可能です。




Amazonではまだ(2011年9月6日現在)画像の差替えが行われていないみたいです。
EXP001 1/144 システムウェポン 1
EXP001 1/144 システムウェポン 1



こちらが「システムウェポン2」
EXP002 システムウェポン(2)(仮称)[バンダイ]

2012年1月発売予定


こちらもこんな風に組みかえられます。




「システムベース1」は、2011年12月発売予定
ユニコーンガンダムの”ケージ風”のデザインとなっています。
ベース同士の連結や背面パーツの左右幅の変更が可能などなかなか凝った作りになっています。
これで定価が「945円(税込)」はなかなかいい内容じゃないでしょうか。

EXP003 システムベース(1)(仮称)[バンダイ]


「ユニコーンガンダム」は付属しませんよ。





  

関連記事

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

タグ:システムウェポン システムベース ガンプラ

  にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
コメント コメント投稿
Private

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gunplainfo.blog118.fc2.com/tb.php/196-c4a2f675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。