Newガンプラ情報

「メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男」 織田廣喜美術館にて開催 Newガンプラ情報

Newガンプラ情報2nd 新しいサイトはこちら
Newガンプラ情報 Topスポンサー広告イベント「メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男」 織田廣喜美術館にて開催

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男」 織田廣喜美術館にて開催

2012.08.18 Sat

福岡県嘉麻市にある織田廣喜美術館にて
「メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男」
が本日、8月18日(土)より開催。

「機動戦士ガンダム」などの代表的作品の原画や設定資料、プラモデル・玩具などが展示、紹介されるようです。

メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男 1

注目は実物大の「ヒートホーク」

メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男 2

全長約7m。刃が床に刺さった状態で展示されています。
毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20120818k0000m040037000c.html

1960年代に誕生した日本のTVアニメは、その後急速な発展を遂げ、今日では日本を代表するメディア芸術の一つとなっています。なかでも重要な位置を占めているのが、いわゆるロボットアニメです。1970年代、『マジンガーZ』の放映を契機に、ロボットアニメの一大ブームが起こります。制作現場においては、作品中に登場するロボットなどのメカをデザインする“メカニックデザイナー”という専門職が誕生します。大河原邦男は、日本で初めて“メカデザイナー”として認知された人物です。デビューから40年。いまなお第一線で活躍するデザイナー、大河原邦男。九州発上陸となる本展では、『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカンシリーズ』『機動戦士ガンダム』などの代表的作品の原画や設定資料、プラモデル・玩具を通じて紹介。メカデザインの魅力を体感いただけます。

開催期間は、2012年8月18日(土)から2012年10月8日(月)まで

開催場所は、織田廣喜美術館
福岡県嘉麻市上臼井767 
TEL:0948-62-5173

入館料(通常料金)
・一般:310円
・高校・大学生:210円
・小学・中学生:100円

休館日がありますので出かける方は確認してください。

2012年8月19日(日)10:00~11:30には
「大河原邦男氏サイン会」を開催。
「8月19日に物販コーナーで図録購入者先着100名に整理券を配布」となっています。

同日、8月19日(日)13:00~14:30には
「大河原邦男ギャラリートーク」を開催。
参加は無料となります。
(ただし展覧会入館料が必要)

関連記事

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

タグ:大河原邦男 メカニックデザイナー 織田廣喜美術館 ヒートホーク

  にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
コメント コメント投稿
Private

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gunplainfo.blog118.fc2.com/tb.php/344-ffd4242a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。