Newガンプラ情報

HGUC「リバウ」 色変えキットとは呼ばせないプレミアムバンダイ限定 Newガンプラ情報

Newガンプラ情報2nd 新しいサイトはこちら
Newガンプラ情報 Topスポンサー広告ガンプラHGUCHGUC「リバウ」 色変えキットとは呼ばせないプレミアムバンダイ限定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC「リバウ」 色変えキットとは呼ばせないプレミアムバンダイ限定

2013.09.04 Wed

徐々に大胆になってきたプレミアムバンダイ限定ガンプラの新作
HGUC「AMX-107R リバウ」が登場。

2013年12月発売予定で予約受付が始まりました。

「リバウ」とは、ネオ・ジオンで開発された可変モビルスーツ「バウ」を「袖付き」が改修したモビルスーツ。
上半身「リバウ・アタッカー」と下半身「リバウ・ナッター」にサイコフレームを採用。
パイロットの感応波により完璧な分離連携機動が行える機体となっている。

「シナンジュ」に乗る前のフル・フロンタル専用機として用意されたが、「シナンジュ」の採用が決定したため本人が搭乗することは無かった。
その後他のパイロットによって実線に投入されている。

映像作品としては、ガンダムフロント東京の「DOME-G」にて公開された「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」に登場しています。

HGUC「リバウ」 プレミアムバンダイ限定

発売は、2013年12月
販売価格は「2,520円」

HGUC「バウ」の単なる色変えキットではなく特徴的な各部形状を新規造型で再現。
頭部、胸部ダクト、サイドアーマー、バックパック、脚部の高機動スラスター、足首など。
さらにシールドは新規デザインとなっています。

前腕、フロントアーマーのエングレービング部は、成型パーツにより再現。
ホイルシールも付属します。

シールド背面には、グレネード・ランチャーを装備可能。
ビーム・アックスの収納のほか、ビーム・エフェクトパーツを装着した形態も再現可能です。

MS形態、飛行形態2機(リバウ・アタッカー、リバウ・ナッター)への変形機構を搭載。

付属武器
・ビーム・ライフル
・ビーム・アックス
・グレネード・ランチャー
・ビーム・サーベル
・シールド

ほぼ新規キットと言っていい内容ですね。
一般流通でもよかったんじゃね?
それともMGが控えてる?

「バウ」といえば、
2000年9月に発売されたガンプラHGUC「AMX-107 バウ」
2002年6月に発売されたガンプラHGUC「AMX-107 バウ量産型」
があります。

【30%OFF!】HGUC 1/144 AMX-107 バウ(ホビー)

【30%OFF!】HGUC 1/144 AMX-107 バウ(ホビー)
価格:879円(税込、送料別)

比べて見るのも面白いですよ。

(C)創通・サンライズ

関連記事

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

タグ:リバウ HGUC プレミアムバンダイ

  にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
コメント コメント投稿
Private

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gunplainfo.blog118.fc2.com/tb.php/446-35ac1f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。